砂糖玉の月 歌詞 やなぎなぎ ※ Mojim.com 魔鏡歌詞網
魔鏡歌詞網
魔鏡歌詞網日韓歌手やなぎなぎナッテ砂糖玉の月

やなぎなぎ



專輯介紹
歌詞
專輯列表
新聞
相關影音

やなぎなぎ

砂糖玉の月

作詞:やなぎなぎ
作曲:出羽良彰

小さなお別れの連続
いずれはあなたへ続いてる

分かっているから
出来るだけ歩みを緩めるけど
あなたは寂しそうに待ってる

届かないから美しい
まるで砂糖玉の月
遠くで転がせば甘やかに
近づけばざらりとした土塊
それならずっとここから見ていたい
見ていたいのに

交わした言の葉の数だけ
あなたを覚えていられたら

薄らぐ心象は 巻き戻ることなく
更多更詳盡歌詞 在 ※ Mojim.com 魔鏡歌詞網
煙のように霞んで 紛い物になってく

別れるための出会いなら
初めから偽物だって
何も違わないはずなのに
またいつか出会えるように願ってる
土塊でもいいから触れたい 触りたい

綺麗なまま閉じ込めた瓶詰の砂糖玉
ひとつ齧るたびに
ひとつ涙が落ちていく

届かないから美しい
まるで砂糖玉の月
それでも近づいて
有りの儘そこにある冷たい月に触れた
さよならまであなたを見ていたい

近くで見ていたいから




回上一頁
Mojim.com
魔鏡歌詞網




渇いた叫び 輝く扉 青い夏 もしかしてだけど 来がある 世界の国から 雪が もしも 心から 愛していた 不安 ファンタジ 夏の彼方 君がいる 信じ続けて ロ一ド は輝くよ 嵐の前の靜けさ 生きるだけ Nanana 夜は カリフラワー 明日もまた会える すべてへ 君は今も 君のまま