二人静 -「天河伝説殺人事件」より- 歌詞 中森明菜 ※ Mojim.com 魔鏡歌詞網
魔鏡歌詞網
魔鏡歌詞網日韓歌手中森明菜AKINA NAKAMORI 20th Anniversary BEST二人静 -「天河伝説殺人事件」より-

中森明菜



歌詞
專輯列表
新聞
歌手介紹
相關影音

中森明菜

二人静 -「天河伝説殺人事件」より-

作詞:松本隆
作曲:関口誠人

「きっと、愛しすぎたから…」

散り急ぐ花びらを時間(とき)の背中に
サヨナラと並べてる指がいじらしいね

殺(あや)めたいくらい愛しすぎたから…

添い寝して 永遠に抱いていてあげる
いい夢を見なさいな うたかたの夢を
夜桜がさわぐ

幸薄い蜉蝣(かげろう)の衣(きぬ)を脱ぐように
凛(りん)とした生き方の自分を見せたくて

更多更詳盡歌詞 在 ※ Mojim.com 魔鏡歌詞網
焦がれそうなほど哀しすぎたから…

添い寝して 三日月を枕に眠れば
魂は蘇って火の鳥に変わる
天の川キラリ

殺(あや)めたいくらい愛しすぎたから…

添い寝して 運命に寄り添ってあげる
冷えきった掌(てのひら)を胸に押しあてて
あたためて

添い寝して 永遠に抱いていてあげる
いい夢を見なさいな うたかたの夢を
夜桜がさわぐ




回上一頁
Mojim.com
魔鏡歌詞網




白髪まじり 漏らして 見失ってゆく 光 君 照らす 僕 何度も救われた 教えてくれませんか 新しい風に お酒は かけがえのないこ 走れ どんな 振り返る まだ も めている 生まり島 例え きっ また 車輪の すべてを捧げる ずっと。 ひらひら 思い出して 消え 海辺の家