魔鏡歌詞網

見慣れた町 】 【 歌詞 】 共有 61筆相關歌詞

專輯 ( 頁面連結 ) 歌名 ( 頁面連結 )( 部分歌詞 )
1 2.まほろば に買ったビールとだらっと続くアスファルト見慣れた町並みはBeautiful旅の終わり去りぎわの太陽重い荷物と軽い気持ち知らない国街角のメモリー笑っておかえりってドアをあけてくれるだろう君よ Life is be
2 3.oldToday no作曲 Hiroyuki Sawano見慣れた町を背に時間と共に離れる本当は怖かったあの日と別れそうで Fumあなたは大きな声で「頑張れ」と言葉で押すその声は震えていて泣いてるとすぐに分かった僕の影を通り抜け
3 26.高架線 でも続く何処までも続く高架線の列車の音は見慣れた町並みの中にあったそんなメロディーだったのさ何処までも続く何処までも続く高架線の列車の音は僕の上を通り過ぎる度に行く先を示してくれた何処までも続く何処までも続く高
4 5.ランランラン つバッグにしまい込んで Good-bye見慣れた町旅立つよ立ち向かうのモンスター人生はRPG現実はシビアとまどう口に入れたキャンディ涙味でしょっぱい開き始めた未来ドキドキしたいラン・ラン・ランでジャンプ!終わら
5 9.Beautiful Days feat.KIRA もしあわせと素直に感謝できる自分でいたい見慣れた町並み美しい青空に涙流せる人でありたいありのままに Rainy Day濡れた髪失くした恋 Sunny Day眩しい雫キラリ Everywhere虹の彼方へ想い乗せ

6 2.アーケード よ新しい季節になったらここを出ていくんだ見慣れた町にさよならを少しの意地に背中押されどこにも売っていないようなものを探しに行くよ行けるか
7 1.流れる星に願う れる星に願う作詞スズム作曲スズム見慣れた町並み遠ざかる雲少しだけ背伸びして見下ろす坂道並んで歩いた夕暮れの随に一人鬱ぎ言い訳ばかりきっと終わりがあること分かってたんだねぇあの時言えなかった言葉や想いを星
8 11.コンパス 着ける明日を目指して見慣れた町の景色それなりの日々平等に流れる時間さよならしよう二つとない未来を手に ... ていい確実な一歩を!見慣れた町の景色それなりの日々平等に流れる時間さよならしよう二つとない未来を手
9 15.届いたらいいな〜Gratitude〜 ことに疲れるまで届いたらいいな思うがまま見慣れた町の隅で誇りに変わるように阻まれたような自由のない日々がいつも研ぎ澄まされた夢をつくるこれからどれだけの涙でぼくは泣くのだろう笑うだろうぼくが決めていく景色の色届
10 10.高架線 でも続く何処までも続く高架線の列車の音は見慣れた町並みの中にあったそんなメロディーだったのさ何処までも続く何処までも続く高架線の列車の音は僕の上を通り過ぎる度に行く先を示してくれた何処までも続く何処までも続く高
11 2.雪が降る町 に年末だからああ僕らの町に今年も雪が降る見慣れた町に白い雪がつもるつもるあと何日かで今年も終わるからたまには二人でじゃま者なしで少し話してのんびりして人も車もへり始めてる年末だからああ僕らの町に今年も雪が降るい
12 4.Station うに突き刺さって忘れるなんてできないけど見慣れた町並みの改札口で見上げた空にはあふれる陽だまりがほら私の背中をそっと押すように発車のベルが鼓動へと鳴り響い
13 12.proud of... までのわたしを作ってきた改札で手をふった見慣れた町並みが小さく滲んでくまたひとり旅立つよいつまでも誇りを持って掲げたいこの町で生まれて育ったこと離れて過ごした日々が教えてくれたこんなにも愛されて生かされてる生ま
14 1.Yellow Bus スは海辺客がいなけりゃ過ぎるバス停今日も見慣れた町一周 Sunny Day安全運転で潮風 One Way車内放送でご確認させて下さい運転手より旅はその扉から踏み出したとこから始まるんだ山を登るやつ大丈夫か「かか
15 7.rain 別に遠回りして帰ろうそうだあそこの交差点見慣れた町並みが華やぐ雨の日にときめく平凡だけど大切なこと濡れたアスファルト艶めく木々たちレインコートを揺らしながらスキップしよう雨粒のリズム奏でるメロディー思わずほら歌
16 1.Life is Beautiful >作詞藤井フミヤ作曲藤井フミヤ雨上がりの見慣れた町の夕空にやけに大きな虹が浮かんだ歩道を歩く子供大人老人立ち止まり笑顔で空を見上げてる過去を抱えて落ち込んでたそんな時なんだか元気をもらったよ人の記憶はえんぴつの
17 7.裸足のシンデレラボーイ 窓の外流れてくる朝日息が揺れる目の前には見慣れた町バスの扉ガ静かに開く背中でつぶやく Hasta la vista baby素直な気持ちは「帰たくないよ」足が前進まない wow… wow…破れた未来をそっと握り
18 9.涙の記憶 作詞 riya作曲菊地創寒空の下見慣れた町並み揺れた影を追いかける迷った時はちょっぴり立ち止まってもいい深呼吸を一つしてみようねぇ失う事は傷つく事じゃないそうだよね?一緒に解った事大切にしよう流れる涙光
19 1.しあわせ櫻通信 った一年が花ひらいて見慣れた町並みもおめかしココロ輕やかに染まれ染まれピンク色の季節サクラサクラ笑い ... った一年が花ひらいて見慣れた町並みもおめかしココロ輕やかに染まれ染まれピンク色の季
20 11.続きを だの空ただの雲ただの見慣れた町お〜ただの路地ただの角全てがなぜかまぶしい続きを(あなたと)続きを(も ... ぜか空なぜか雲なぜか見慣れた町お〜なぜか路地なぜか角全てが意味を持ち出す続きを(あなたと)続きを(

21 3.HOME んでドキドキを今持ち出す空の色が導く方へ見慣れた町を通い慣れた道を仲間達を乗せて走る僕達だけの待ち合わせ場所緑の坂道抜けたら駆け出して飛び出してはじける水しぶきが手を振って輝いてこの思い出に僕を閉じ込めて二度と
22 14.赤い糸 .赤い糸作詞稲葉浩志作曲稲葉浩志見慣れた町ゆっくり吹き抜ける風ふたりしていつものペースで歩いてるふざけ合って笑った後に気づいた見たことない大人びたそのまなざし何も話さなくたっていいよ大丈夫気持ちはきっと
23 2.青春の旅立ち よずっと忘れないと潮の香りが頬を撫でては見慣れた町に滲んでゆく手を振る人の想いを胸に船は波間を走ってゆく見守る人の優しさを噛み締めながら広げた羽に願いをこめて羽ばたきはじめる鳥たちよ眩しい日差しと波の音に生まれ
24 8.四月になれば れば四月になれば四月になれば四月になるさ見慣れた町に花が笑く風もいくぶん優しかろう大好きな君に會いたくて何度も步く道の上四月になれば四月になれば四月になれば四月になるさ群青色の海原を何に例えりゃいいのかと丸めて
25 2.青春の旅立ち よずっと忘れないと潮の香りが頬を撫でては見慣れた町に滲んでゆく手を振る人の想いを胸に船は波間を走ってゆく見守る人の優しさを噛み締めながら広げた羽に願いをこめて羽ばたきはじめる鳥たちよ眩しい日差しと波の音に生まれ
26 6.青春の旅立ち(オリジナルカラオケ) よずっと忘れないと潮の香りが頬を撫でては見慣れた町に滲んでゆく手を振る人の想いを胸に船は波間を走ってゆく見守る人の優しさを噛み締めながら広げた羽に願いをこめて羽ばたきはじめる鳥たちよ眩しい日差しと波の音に生まれ
27 1.淚の記憶 作詞 riya作曲菊地創寒空の下見慣れた町並み揺れた影を追いかける迷った時はちょっぴり立ち止まってもいい深呼吸を一つしてみようねぇ失う事は傷つく事じゃないそうだよね?一緒に解った事大切にしよう流れる涙光
28 24.LET IT FLOW AGAIN feat.ロボ宙 1から10絡みつくスムースなギターループ見慣れた町に風が吹くさっきまで真上の大洋あっとゆう間毎分毎秒キープしろ温度アンド感度三度のメシで一日はエンド LET IT FLOW BO・SE Once Again L
29 1.The Another side of Life Life作詞大橋伸行作曲大橋伸行見慣れた町並みに手を振って読みかけたページにキスしよう鮮やかに輝いたあの朝を思い出す近くに聞こえてる雨音新しい言葉を伝えてる探していたハートと失くした恋見つけよう雨上がる
30 2.Senecio いあう仲間たちの声も見慣れた町のこの匂いもすり切れた胸しみるけれどあなたの笑顔あなたの背中あなたの優 ... いあう仲間たちの声も見慣れた町のこの匂いもすり切れた胸しみるけれどあなたの笑顔あなたの背中あなたの
31 5.オレンジの街 みと同時に点いた街灯の向こう君を探すけど見慣れた町並みもう歩きだしたんだね「苦しいよ」だって届けない悔しさ一つ多い優しさだな…ただ一つただ一つ確かな事は君の笑顔と泣き顔がとても心地良かったこと愛ならそこら辺にた
32 8.雪が降る町 に年末だからああ僕らの町に今年も雪が降る見慣れた町に白い雪がつもるつもるあと何日かで今年も終わるからたまには二人でじゃま者なしで少し話してのんびりして人も車もへり始めてる年末だからああ僕らの町に今年も雪が降るい
33 16.雪が降る町 に年末だからああ僕らの町に今年も雪が降る見慣れた町に白い雪がつもるつもるあと何日かで今年も終わるからたまには二人でじゃま者なしで少し話してのんびりして人も車もへり始めてる年末だからああ僕らの町に今年も雪が降るい
34 15.届いたらいいな~Gratitude~ ことに疲れるまで届いたらいいな思うがまま見慣れた町の隅で誇りに変わるように阻まれたような自由のない日々がいつも研ぎ澄まされた夢をつくるこれからどれだけの涙でぼくは泣くのだろう笑うだろうぼくが決めていく景色の色届
35 2.オレンジの街 みと同時に点いた街灯の向こう君を探すけど見慣れた町並みもう歩きだしたんだね「苦しいよ」だって届けない悔しさ一つ多い優しさだな…ただ一つただ一つ確かな事は君の笑顔と泣き顔がとても心地良かったこと愛ならそこら辺にた
36 6.Wish の表情が変わった君に会えた朝にもう壊して見慣れた町も愛も全部捨てて未来なき旅に出るの二人腕を絡めて答えなどない
37 12.裸足のシンデレラボーイ 窓の外流れてくる朝日息が揺れる目の前には見慣れた町バスの扉ガ静かに開く背中でつぶやく Hasta la vista baby素直な気持ちは「帰たくないよ」足が前進まない wow… wow…破れた未来をそっと握り
38 10.届いたらいいな〜Gratitude〜 ことに疲れるまで届いたらいいな思うがまま見慣れた町の隅で誇りに変わるように阻まれたような自由のない日々がいつも研ぎ澄まされた夢をつくるこれからどれだけの涙でぼくは泣くのだろう笑うだろうぼくが決めていく景色の色届
39 14.サヨナラは今もこの胸に居ます 編曲葉山たけし地下鉄の駅ひとつ乗りすごし見慣れた町を横切ったら星空を数える頃あなたの部屋に明かりが…もしあなたがいつか独りになって私の事を思い出したらすぐ連絡してね好きだから追わないと心に決めたのサヨナラは今も
40 13.Party on the road 間の声途切れない「どこ行く?」今日も作戦見慣れた町に凱旋ある意味どこでもOK僕らだけの世界さ um〜気にしない特別なことはきっと要らない Yes all right!いつかは僕らもそれぞれの帰り道いつかは僕らも
41 1.帚星 さぁ手伝って oh古い遊園地の観覧車から見慣れた町見下ろしほら今日までの僕らに小さくエールでも送ろうか目を瞑っても消えない光君の心に見つけたすっと優しく淡く弧を描いて頬を撫でていく箒星教えない知りすぎてるから教
42 3.BLUE ikaru作曲 Utada Hikaru見慣れた町、見慣れた人全てが最近まるで遠い国の出来事もう一度感じたいね暗闇の中で希望が織りなすあざやかな音楽どんなにつらい時でさえ歌うのはなぜ?(さあね)恋愛なんてしたく
43 1.元町サンセット通り のさ元町サンセット通りは明るく照らされる見慣れた町並みも君がいるとどこまでも新鮮に感じていくのだろう元町サンセット通りは明るく照らされるいつまでも君が僕のそばにいるかどうか分からないけど信じていこう元町サンセッ
44 2.裸足のシンデレラボーイ 窓の外流れてくる朝日息が揺れる目の前には見慣れた町バスの扉ガ静かに開く背中でつぶやく Hasta la vista baby素直な気持ちは「帰たくないよ」足が前進まない wow... wow...破れた未来をそ
45 2.恋人たちのchristmas 行き交う人は皆幸せそう今夜たぶん雪になる見慣れた町も銀世界に white christmasかじかんだ手に抱えてる大きなプレゼント伝えきれないこの気持ちの代わりに待ち合わせまでの5分が永遠に思えてなんども時計見

46 9.LET IT FLOW AGAIN feat.ロボ宙 1から10絡みつくスムースなギターループ見慣れた町に風が吹くさっきまで真上の大洋あっとゆう間毎分毎秒キープしろ温度アンド感度三度のメシで一日はエンド LET IT FLOW BO・SE Once Again L
47 14.雪が降る町(more bell mix) そうに年末だから僕らの町に今年も雪が降る見慣れた町に白い雪が積もる積もるあと何日かで今年も終わるからたまには二人で邪魔者なしで少し話してのんびりして人も車も減り始めてる年末だから僕らの町に今年も雪が降るいつもと
48 7.サヨナラは今もこの胸に居ます 編曲葉山たけし地下鉄の駅ひとつ乗りすごし見慣れた町を横切ったら星空を数える頃あなたの部屋に明かりが…もしあなたがいつか独りになって私の事を思い出したらすぐ連絡してね好きだから追わないと心に決めたのサヨナラは今も
49 6.Who knows 走り続けてる心を止めれば息まで止まりそう見慣れた町並み砂漠へ行くジープの煙うるおうことないひび割れてる湖これから私記憶を消して別の自分に生まれ変わるなら決してあなたを愛したくない結ばれるはずがない愛と誰が名付け
50 3.サヨナラは今もこの胸に居ます 編曲葉山たけし地下鉄の駅ひとつ乗りすごし見慣れた町を横切ったら星空を数える頃あなたの部屋に明かりが…もしあなたがいつか独りになって私の事を思い出したらすぐ連絡してね好きだから追わないと心に決めたのサヨナラは今も
51 3.橋 遠いあの日の母の歌声思い出しています遠く見慣れた町並み二人走った校庭二人見上げた花火が夏の夜空に消えた茜色した夕日に今日もあの橋は輝いてま
52 16.雪が降る町 に年末だからああ僕らの町に今年も雪が降る見慣れた町に白い雪がつもるつもるあと何日かで今年も終わるからたまには二人でじゃま者なしで少し話してのんびりして人も車もへり始めてる年末だからああ僕らの町に今年も雪が降るい
53 1.雪が降る町 に年末だからああ僕らの町に今年も雪が降る見慣れた町に白い雪がつもるつもるあと何日かで今年も終わるからたまには二人でじゃま者なしで少し話してのんびりして人も車もへり始めてる年末だからああ僕らの町に今年も雪が降るい
54 4.銀の翼 しい愛されても何故傷つけてしまうんだろう見慣れた町も他の人とは違っていたのに川のほとり今年も咲いた菜の花に埋もれて笑うきみの写真を今も消せないあれは銀の翼 in the moonlight愛しすぎていつか折れて
55 4.しあわせ桜通信 った一年が花ひらいて見慣れた町並みもおめかしココロ軽やかに染まれ染まれピンク色の季節サクラサクラ咲い ... った一年が花ひらいて見慣れた町並みもおめかしココロ軽やかに染まれ染まれピンク色の季
56 3.バラード 夜の街は心を癒やすには冷たすぎていつもの見慣れた町並もなぜか透きとおって見えてくる想い出だけを置き去りにして出ていったお前を追いかけて追いかけて街へ出たわけじゃない窓のすみに息を吐いてお前の名前指で書けば俺の腕
57 19.果実の月 away交わした言葉が時を止めたならば見慣れた町から時空を越えてくとげのない花になり赤い月届く方に近い雨雲あの月隠して見えない心彷徨えるLonely My Way深い谷間の私をわずか照らす間に未知なる道へと導
58 3.あの季節はもう帰らない~THIS SONG IS DEDICATED TO RIE BYJ. .作詞的場徹・力石歳造作曲杉田裕見慣れた町並み雨上がりの道にも季節の終わりは来るさけれどまだ残る夏の香りが君の思い出を忘れさせない抑えても溢れ出る思い出のあの季節は二度とは帰らないけどもう一度呼ぶんだ君
59 6.スタートリップ く度にふっと思い出す見慣れた町の見慣れた朝焼けが窓から見えるビルの隙にまた浮かんで消えた名前のないウ ... 指さされる日もあった見慣れた町の見慣れた帰り道涙よ落ちないでそんな夜を越えて今日も明日もあたしは歌
60 3.届いたらいいな~Gratitude~(岡野宏典 Acoustic Ver.) ことに疲れるまで届いたらいいな思うがまま見慣れた町の隅で誇りに変わるように阻まれたような自由のない日々がいつも研ぎ澄まされた夢をつくるこれからどれだけの涙でぼくは泣くのだろう笑うだろうぼくが決めていく景色の色届
61 1.See You って逢うためグッバイ!今笑って手を振ろう見慣れた町通い慣れた駅までの並木道も今日は何だか違って見えた桜の花びらが舞う別れの時がせまり僕等は何を想うの?グッバイ!また笑って逢うためグッバイ!今笑って手を振ろう君が